エルグランドの査定相場は?

日産で唯一の大型ミニバンであるエルグランド、ライバルであるトヨタのアルファード兄弟と比べても非常に重厚感があり質の高い車ですが、そのアルファードやヴェルファイアなどよりも新車販売台数も少ないですし中古車としての需要も少ないので、中古車の価値としてはトヨタ勢に負けてしまっています。
そして更に現行モデルがそろそろモデル末期となり注目度が低くなってきているために中古市場でも陰に隠れ気味になってしまっているようです。
しかし、もともとの価格が異常ともいえるほど高額な設定となっているため、価値は下がってもそれなりのものとなっており、買取店での査定でもそれなりに高い金額になることが多くなっているようです。
ただやはり需要が低いためどの買取店でも買取りたがらない傾向が強くなっており、それなりの金額になるものの高額買取といえるほどの金額には程遠いものとなっています。
これがミニバンブーム全盛の時だったらかなり期待できるのですが、ミニバンからハイブリッドモデル、クロスオーバーSUVと流行が大きく変わった現在ではミニバンということもそれほど大きなメリットはならないようです。

 

エルグランドの全体的な査定傾向は、初代モデルが平均して10万円以下、これは仕方がないことかもしれません、なにせ1997年から2002年まで発売されていたモデルですので、古いもので約20年前、新しくても13年も前のモデルですからこういった金額になるのもむしろ当たり前かと思われます。
2代目モデルは初代モデルにまだ残っていたキャラバンイメージを払拭した形で作られ、まさに和製大型ミニバンとして作られたものですので、今でもそこそこ需要はあるようで、安いもので5万円、高いもので200万円ぐらいの査定額が出されているようです。
ちょうどこのモデルが手ごたえのある査定額になるか、ならないかの境目であるようです。
そして現行モデルですが、現行モデルといっても初期型が発売されたのは2010年のことでそろそろ新しいモデルが出てもいいぐらいとなっています。
いわゆるモデル末期で、グレードなども整理が進み、売れるグレードのみを残したり、装備が充実したモデルが発売されるようになってきました。
とりあえずエルグランドの中では一番新しいモデルということで査定額も高めで安くても180万円ぐらい、高いものですと300万円ぐらいにはなるでしょう。

エルグランドを損せず高く売るには?

エルグランドは残念ながらピークを超えました、現状はいわゆる潮時というもので、これからどんどん価値が下がっていく傾向にあります。
ミニバンは一時期ファミリーカーとして絶大なる人気を誇り、ある程度まともな状態であればどのようなモデルでもミニバンということで高く売れる時代がありました。
そのいわゆるミニバンブームもかなり前に去り、その後のハイブリッドモデルブームやクロスオーバーSUVブームが起こったことによってもはや昔の流行車種といったイメージがついている状態です。
それでもトヨタなどは新型モデルをどんどん出し、更にハイブリッドモデルを用意するなどブームの乗り遅れないような対策をとっているのであまり値落ちしないのですが、日産のエルグランドはハイブリッドモデルはおろか、完全にルノーのいいなりになってしまい、日本人向けというよりは海外向けの車としての意味合いが強い車に仕立てられてしまっているので国内で売れるはずがありません。

 

はっきり言って中古車市場での需要は低く、大型ミニバンを購入する人のほとんどはアルファードやヴェルファイア、エスティマなどを購入していく始末となっています。
高い車なのでだからといって極端に安い査定額にはなりませんが、トヨタの大型ミニバンと比べるとはるかに低い金額となってしまうでしょう。
しかし、必ずしも低い査定額になってしまうということではありません。

 

それに全く需要がないわけではなく、エルグランドでなければ買わないという人もいるので、売る場所を選べば高い査定額を引き出すことは可能です。
エルグランドは一般の買取店より、いわゆるミニバン専門店とか大型ミニバンを積極的に買い取っている買取店で売るのがいいでしょう。
こういったところであればファミリーカーとしてのエルグランドではなく、ブイブイ言わせて走るVIPカードレスアップのベース車両としての需要もありますし、多年式であれば若年層向けの安い中古車としての需要も確保できますので意外と高い金額になることが多いのです。
こういった買取店を探すにはインターネットを使えばすぐに見つかりますが、「隠れミニバン専門店」といわれるようなエルグランドなどの大型ミニバンを高く買い取る買取店もあり、そういったところは堂々とミニバン専門などと看板を掲げていないので見つけることは至難の業です。
だいたいそういったところは一般の買取店に紛れた形になっているので、一括査定サイトなどを使って高い査定額を提示するという特性を逆手にとって見つけ出すといいでしょう。

エルグランドは下取り査定で売るのは損?

エルグランドを売却してできる限り沢山の現金を手に入れたいと思うのであれば、下取りではなく買取店の買取を選ぶことが基本です。
その理由は単純です、買取店の方が高い査定額になるからです。
エルグランドは中古車市場ではここ最近少し低調な動きとなってしまっていますがそれでも新車購入の値引きの口実として使われるディーラーでの下取りよりははるかに高い金額になります。
特に現行モデルは年式はだんだん古くなってきていますがとりあえず現行モデルですので高めの買取金額になります。
2代目モデルにおいても同様で年式はだいぶ古くなっていますが、中古車市場ではまだまだ現役でむしろ中古車価格がこなれてきたことによって需要が少し復活していますので、それなりの査定額になります。
気になるのが初代モデル、初代モデルとなるとだいぶ古くなり、ファミリーカーの特徴である走行距離が伸びてしまうということもあって、かなり厳しい状態となっており、これくらいになると新車購入の時に値引き交渉を粘って粘って粘り続ければしかたなく本来の下取り金額より高い金額を提示してくることもあるのでもしかしたら買取金額より高くなることもあるかもしれません。

 

ただ、そういった金額にしかならないもので一概に下取りに出した方がいいといえません。
買取店の中にはあえて古いモデルを好むところがあります。
それは低価格中古車をメインとして商売をここなっているところで古くて走行距離も伸びて価値が低くなったものを安く買って、それを非常に安い金額で売ることによって、経済力の低い若年層を狙った商いをするのです。
こういったところを探して売却すれば初代モデルでも下取り金額より高く売ることができる可能性があります。

 

もう1つ、事故車買取店で売却するという手段、これは車として売却するのではなく部品取り車として売るということで廃車前提の売却となります。
まだ乗ることができるのでもったいないような気もしますが、エンジンやトランスミッションなど高額な部品が正常な状態であるものでは結構いい金額になります。
ここでも下取りより高くなることがあります。
エルグランド全般で見るのであれば絶対買取店で売却した方が得です、しかし初代モデルはかなり厳しいので一括査定サイトで複数の買取店をあたり、それでもだめだったら低価格向け買取店、そして事故車買取店と行き、それでもだめだったら下取りを選ぶという最終手段として下取りを残しておくという考え方がいいかと思われます。

更新履歴